面倒な世の中を生きる

ボヤキとか、前向き発言とかをダラダラと

信用できない人のくだらない情報が日常を埋めていく世の中

世の中は本当に不思議で面白い。

世の中にはだれがどう考えても信用できないよねって人がいる。

最近テレビに出て来た人でいえば

・学校法人を立ち上げようとして思いっきりたたかれて失敗した人

・マスコミに内部情報を流した元役人

こんな人が堂々と記者会見を開いたり、取材を受けたりしている。

利害関係の中心にいて、明らかに虚言を弄したり違法な行為をしていたりする人なのに、そうしたことは大して興味がない人が多いらしい。

その人たちは、その人たちの言葉が利益につながる人たちに利用されているだけ。

そんな人たちの言葉が世の中に流されて、多くの人たちの時間・思考を奪っていく。

もうちょっと健全に人を成長させるような情報が世の中を流れる情報の中心とならないものかと切に願います。